日本ビルファンド投資法人の特徴と分析

日本ビルファンド投資法人の銘柄分析

日本ビルファンド投資法人(8951)

東京証券取引所のJ-REIT市場に初の上場を果たした『日本ビルファンド投資法人』。
国内初の不動産投資法人でありながら最大規模を誇る、J-REIT銘柄としては外せない1社です。

各種機関からの格付けも得ている代表的なJ-REITなので、しっかりとポートフォリオを組むのであれば、少しは組み込んでおきたいです。

資産運用会社は日本ビルファンドマネジメント株式会社。
上位株主は三井不動産住友生命で、その他にも三井住友系の会社が多数出資しています。

筆頭株主となる三井不動産との連携が濃い不動産投資法人です。

運用方針

名前のとおり、首都圏のオフィスビル物件に特化した銘柄です。
東京首都圏の大型物件を中心に投資し、2012年現在では約65物件を保有しています。

運用資産全体の比率も大きい『NBF日比谷ビル』には、635億円を投資し、同社の中心的な物件として運用されています。

三井不動産系のJ-REITであるため、三井不動産が開発した物件を取得するケースも多いと覚えておきましょう。

地価の高い首都圏のオフィスビルを主な投資先としているため、テナント料や賃貸収入の安定性や収益性が高いメリットがあります。

しかし、保有物件が都内に集中しているため、東京での大地震などが起こった場合の影響は大きいと考えられます。
分散投資はおこなっているものの、この点はリスクとして気をつける必要があります。

オフィスビル特化型

【J-REITの取引にお勧めの証券会社ランキング】

最安手数料で人気急上昇の証券会社!

GMOインターネットグループのネット証券会社です。
FXの取引業者として有名ですが、証券手数料も業界最低水準なので、J-REITの売買も安く行うことができます。

2 SBI証券

業界最大手、口座数No.1

ネット証券業界最大手で、口座開設数はNo.1の安心できる証券会社です。格安の手数料体系ながら、豊富な投資情報も揃っています。

楽天グループ、取引ツール人気No.1!

楽天グループの証券会社で、株式チャートや取引ツールに定評があります。豊富な投資情報が用意されているのも魅力で、デイトレードの場合は片道手数料が無料になります。

【証券会社比較表】(タイトルクリックで並べ替えができます)

※税込表記

証券会社 100万円 200万円 300万円 夜間 ミニ株 FX 米国株 中国株 投信
GMOクリック証券 470円 900円 900円 - - - - -
SBI証券 511円 967円 967円
楽天証券 639円 1209円 1209円 - -
マネックス証券 1050円 2100円 3150円 -
カブドットコム証券 1050円 1890円 1890円 - - -

※J-REITは全ての証券会社で取引可能です。「100万円」は100万円の取引時に必要な手数料。

関連リンク

日本の会社の実像を知るには、会社四季報はあなたに不可欠な情報ブックとなっています。
就職活動の学生さんや企業経営者、株運用者など様々な種類の方が、役立てています。
CD-ROM版も発売されていて、1年365日、日本の上場企業、店頭会社のランキングなど、必要な情報を会社四季報でゲットして下さい。
会社四季報

はじめに

基礎知識

J-REITの種類

投資のポイント

Ads

サイト案内