J-REITと不動産投資を比較した場合の5つのメリットとデメリット

J-REITのメリット・デメリット

ここで、「J-REIT」による投資のメリットをまとめてみましょう。

一般的な不動産投資と比べた5大メリット

このメリットは、一般の不動産投資と比べた場合のものです。大きく5つのメリットがあります。
マンション投資など、一般的な不動産投資は、多額の投資資金を長期ローンを組むことで確保し、投資を行わなくてはなりません。
しかも、入手した投資用不動産を売却する場合には、思うような時に思うような価格で売ることは大変難しいものです。不動産のプロとしての専門知識やファイナンシャルの知識が不可欠なほど、難しい投資といえます。
リスクも数千万円単位になり失敗すると取り返しが付かない場合も多々あります。

これに比べると、投資資金が少ない額から始められ、売却もし易い「J-REIT」の投資証券は、とてもメリットが高い不動産投資法といえますね。

5つのデメリットは一般の不動産投資と同じ

もちろん、いいことばかりではありません。「J-REIT投資証券」にもデメリットはあります。

デメリットも大きく5つあります。
この5つは一般の不動産投資にもいえるデメリットです。

マンション投資などは、大手不動産投資会社の斡旋管理で行うケースがほとんどですので、ほぼ同じリスクがあります。普通にマンション投資を行った場合、複数のマンションを購入するのは、資金的に無理があります。結果的に、唯一物件への集中型投資になりますね。

この最も大きな「リスク回避ができない。」というデメリットは「J-REIT」の投資証券方式なら避けられるのです。

【J-REITの取引にお勧めの証券会社ランキング】

最安手数料で人気急上昇の証券会社!

GMOインターネットグループのネット証券会社です。
FXの取引業者として有名ですが、証券手数料も業界最低水準なので、J-REITの売買も安く行うことができます。

2 SBI証券

業界最大手、口座数No.1

ネット証券業界最大手で、口座開設数はNo.1の安心できる証券会社です。格安の手数料体系ながら、豊富な投資情報も揃っています。

楽天グループ、取引ツール人気No.1!

楽天グループの証券会社で、株式チャートや取引ツールに定評があります。豊富な投資情報が用意されているのも魅力で、デイトレードの場合は片道手数料が無料になります。

【証券会社比較表】(タイトルクリックで並べ替えができます)

※税込表記

証券会社 100万円 200万円 300万円 夜間 ミニ株 FX 米国株 中国株 投信
GMOクリック証券 470円 900円 900円 - - - - -
SBI証券 511円 967円 967円
楽天証券 639円 1209円 1209円 - -
マネックス証券 1050円 2100円 3150円 -
カブドットコム証券 1050円 1890円 1890円 - - -

※J-REITは全ての証券会社で取引可能です。「100万円」は100万円の取引時に必要な手数料。

関連リンク

婚活が上手くいかない理由、こんな男性(女性)は結婚相談所で嫌われる。
そういった自分では気づきにくい婚活をする上での注意点をまとめたサイトです。
http://konkatsu365.jp/

お掃除ロボットと言えばやっぱりiRobot社のルンバが有名です。
ルンバは人工知能アウェアを使って部屋の空間を把握し、賢く掃除してくれる自動掃除機です。
http://soujiki.jp/roomba/

はじめに

基礎知識

J-REITの種類

投資のポイント

Ads

サイト案内